江東花火大会 最寄り駅は?交通規制は?混雑は?

江東花火大会は荒川で開催される人気の花火大会です。
2017年は8月1日に開催が決定しました。
今回は、江東花火大会 最寄り駅は?混雑は回避できる?観賞スポットは?をまとめました。

江東花火大会は小雨なら決行されます。
荒天の場合は中止で順延日はないのでご注意ください。
当日天候が曖昧な場合は、主催者から情報が出ると思われますので
SNSなどのチェックをお忘れなく。

江東花火大会 最寄り駅は?

開催場所は、荒川・砂町水辺公園です。
(東京都江東区東砂8丁目22番地先)

ココへ行くためには、東京メトロ南砂町駅が最寄り駅となります。
駅から徒歩15分程度で到着できます。

その他のアクセス方法はこちら
・都営地下鉄新宿線「東大島駅」 徒歩20分
・JR・東武鉄道「亀戸駅」よりバス(亀24葛西橋行)約15分
 バス停「葛西橋停留所」下車徒歩5分
バス停からが一番歩きませんが、交通規制がかかりますので
電車がオススメです。
ちなみに自家用車での来場不可となっています。

交通規制は?

当日は交通規制がかかります。
17:00~21:30です。
交通規制についてのPDFは交通規制
土手通りは14:00~21:30予定されていますので
早めの行動がよいでしょう。

混雑は?

大迫力の花火を近くで見られるとあって
とにかく人気がある花火大会ですので、場所取りも早くから始める人が多いです。
熱中症に注意しましょう。
昨年の実績では、約35万人の方々が荒川に集まりましたので
メイン会場は相当混み合います。

混雑を避けるなら、ちょっと離れた場所で見物するのもいいでしょう。
また帰宅は一斉にみな駅に向かいますので
周辺で時間を調整した方がいいでしょう。
西葛西駅や新小岩駅方面は比較的混んでいないという情報もありましたので
花火観賞をそちら側から行ってもいいかもしれませんね。

まとめ

江東花火大会は、雨天時には順延がありません。
ご注意ください。
また、万が一を考えて折り畳み傘、またはレインコートがあるといいですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。