「防災の日」なぜ9月1日なの?

9月1日って、子供達にとっては始業式の日ですが
社会一般的には「防災の日」です。
ところで、なぜ9月1日は防災の日になったのでしょうか?

防災の日になった理由は?

毎年この日から1周間程度の期間、全国各地で避難訓練や
防災啓発の情報がメディアで流されますね。

防災の日が制定されたのは、1960年です。
言い換えると昭和35年です。

1960年6月11日の閣議にて、9月1日を防災の日とされました。

なぜ9月1日が選ばれたのか?

【理由 その1】
9月1日に関東大震災が発生した日だから。
教科書で習った人も多いはず。

1923年9月1日11時58分32秒頃に発生した関東を襲った
とても大きな地震によって、各地に大きなダメージを与えました。
相模湾沖を震源としたマグニチュード7.9の大規模地震災害です
南関東やその周辺一帯で甚大な被害をもたらしました。

南関東を中心に、
死者・不明者14万2,807名
家屋全半壊約25万4千棟
焼失した家屋は約44万7千棟
また山岳部では山崩れが多数発生し、
海岸では津波が発生したとされています。

この地震を教訓にして、「地震だ!火を消せ」という
防災意識が私たちに根付いたわけです。
もう2度と繰り返さない。という思いが防災の日に込められています。
ちなみに
1995年1月17日(火)に発生した、阪神淡路大震災はマグニチュード7.3
2011年3月11日(金)に発生した、東日本大震災はマグニチュード9.0

でした。

【理由その2】
9月1日は暦上で「二百十日」に当たります。
この頃、8月下旬からですが、ちょうど台風シーズンとなるころですね。

二百十日とは?

季節の変わり目の目安とされる「雑節」のひとつ
2月の立春から数えて210日目の日のことを指します。

古くより二百十日は、台風の影響で天気が荒れやすいとされていますが
データ的に考えると「二百十日」は、8月と9月の台風発生期間の谷間で
むしろ台風が少ない日です。

ではなぜ防災の日に
なった理由の一つとなるのかというと
9月1日が台風発生期間の谷間にあるから。
台風がやってくる前に防災の日で人々の意識を高めることで
災害から身を守り、被害を小さくしようという目的があったわけです。

突然のことには対応しきれませんが、
事前に少し勉強していれば「どうすればいいんだっけ?」と考えて
とっさの判断ができます。

そもそも防災の日はなぜ制定されたのか?

防災の日が制定されたのは、1960年。
なぜこのタイミングで防災の日がせいていされたのか?
実はこの1960年の前、1959年9月26日には
「伊勢湾台風」という大きな台風がありました。
伊勢湾台風も教科書に出て着ましたよね
そこで大きな被害が出たこともあり、防災の日制定の契機となりました。

備えていますか?防災グッズ

買ったはいいが、何か遭った時にすぐに手に取れる場所にないと
意味がないのが防災グッズです。
かといって、防災と書かれたリュックをいつもリビングや玄関に置いておくのも
なんとなく野暮ったいですよね。
そんなお悩み解決の防災グッズがこちら

グッドデザイン賞受賞の避難セットです。
実際にこれがあったら助かったのにという被災者の声をヒントに
作られているので、1つ1つ購入して自分で避難セットを作るよりも効率的に
準備することができますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
申し訳ありません。只今調整中です。